不動産を選んで賃貸経営を行う|基本知識を知っておこう

家賃と空室のリスクを回避

相談

入居者を集めやすい制度

賃貸契約とは借主と貸主が直接契約することで、借主は希望した住居を、貸主は家賃という収入を得ることができます。この契約が正しく履行されていれば問題はありませんが、何らかの事情によって借主が家賃を払えないと、貸主は家賃不払いのリスクを背負うことになります。この問題を回避するためにできることは、貸主に親や兄弟といった親類の保証人を立ててもらうことですが、近年は高齢者世帯、核家族化が進むことで保証人を立てるのが難しく、入居者を集めるのが困難になっています。この家賃不払いおよび空室のリスクを埋める手段として役立つのが、家賃債務保証と呼ばれる制度です。これを提供する高齢者住宅財団会社は、賃貸契約時に借主と契約を結び、通常なら親類で立てるべき保証人の代わりになってくれます。ただ保証人の代替手段として利用できるだけでなく、文字通り家賃債務保証をするので、借主が万が一でも家賃の不払いを起こしたら、高齢者住宅財団会社が代位弁済をしてくれます。これを利用することによって、貸主は家賃不払いのリスクを回避することができます。家賃債務保証を利用した契約は、賃貸契約におけるトラブルや金融事故など、余程の問題がない限りは誰でも利用することができます。制度として高齢者住宅財団が高齢者世帯や障害者世帯、子育てに外国人滞在者といった世帯の家賃債務を保証し、賃貸住宅への入居を支援するものなので、高齢者住宅財団と契約しておけば、家賃債務保証によって家賃と空室の悩ましい問題を解決することができます。