若返りを目指す女性は必見!最適なアンチエイジング方法を徹底解説

医者

話を持ち掛けてみるだけ

鏡を見る人

望む体によって違います

顔のリフトアップはアンチエイジングの中でも代表的な美容整形として知られ、技術も使う道具も日々改良が加えられています。その中でも頻繁に改良が加えられているのが糸を使ったリフトアップ方法で、糸だけでもトゲタイプとコーンタイプとループタイプ等多数に分かれています。最終的にどの糸を使うかは医師の診断によって違いますが、糸を使って引き上げるか糸を使って引き締めるかの二択の方法でアンチエイジングを行います。引き上げる方法はフェザーリフトやスレッドリフトと呼ばれ、たるんでいるラインを糸で固定するのでアンチエイジングの中でも効果が高いと定評です。特にフェザーリフトはポリプロピレン製という特殊な材質のトゲタイプの糸を使うので、固定力の高い施術が行えます。そしてスレッドリフトの場合は糸を体内に埋め込み、その周囲にコラーゲン生成させるので自然な仕上がりになると高い評価を得ています。どちらも使用している糸は生体適合性の高い糸を使用しており、この方法が確立されてから長い年月も経過しているため、安心して施術を受けられます。また一部の糸には体の抵抗力を促進させ肌の弾力も上げるタイプもあるので、どの糸を使用するか医師と相談した上で決めていきましょう。より高いアンチエイジング効果を希望するならば、スプリングスレッドやメスを使ったリフトアップをお勧めします。スプリングスレッドはフェイスラインに沿うように糸を曲げ、その状態で体内に入れる事で顔全体の引き上げや引き締めを可能としています。特に小鼻付近から伸びるほうれい線の修正は、スプリングスレッドが最も得意としているアンチエイジングなので、担当医に相談してみましょう。反対に体に負荷の掛かりにくい手軽なアンチエイジングを希望する方は、シルエットリフトがお勧めです。この方法は医師の判断によって体内で溶けない糸と溶ける糸のどちらかを使用できるので、汎用性の高い施術として知られています。使用する糸の中でも、円錐タイプの留め具がついているタイプは肌へのグリップ力が高いので、溶けるタイプの糸を使用しても施術効果の持続時間が長いメリットがあります。肌の調子も整えたいという方にはミントリフトという方法も存在するので、医師に相談しどの施術方法でどの糸を使用するのか相談して決めましょう。またこれらのリフトアップ方法は医師の診察によっては顔以外の部位にも使用できるので、体全体のアンチエイジングを希望する方にもお勧めです。