不動産を選んで賃貸経営を行う|基本知識を知っておこう

大きな利益を上げられます

マンション

不動産投資でも大きな利益を上げることは可能です。そのためには、投資用マンションを購入する際にできるかぎりローンを組みましょう。ローンを組んで投資用マンションを購入するということは、金融機関のお金で、投資用マンション保有者の為の収益を上げていることになります。つまり、オーナーの手元資金を使うことなく利益を上げることができるのです。例えば、1000万円のローンを金利2%で組み、年利回り7%を見込める投資用マンションを買ったとします。この場合、単純に考えても5%の利幅を取ることができます。フルローンを組んでいる状況であれば、手元資金は全く出していないのに、5%の利益が上がっていることになります。ローンは毎月返済し、少しずつ減っていくので、年数の経過と共に利幅は大きくなります。あとは、このスキームをどれだけたくさん作れるかということになります。但し、この方法には2つの注意点があります。1つはキャッシュフローです。多額のローンを組めば、毎月の返済負担も大きくなります。ローンの金額を変えずに返済負担を小さくするためには、返済期間を長くとる必要があります。借入の申し込みをする際には、返済期間をできるだけ長くとれるように交渉をしましょう。注意点の2つ目は、保有する投資マンションは価格や利回りよりも空室リスクの小ささを優先して投資用マンションを選ぶということです。そのためには、主要都市の投資用マンションを買いましょう。