不動産を選んで賃貸経営を行う|基本知識を知っておこう

物件の性質と利回りの関係

空室

宣伝広告の利回りに注意

賃貸経営によって利益を得るのが不動産投資の基本的な方法であり、その利益がどれだけ上げられるかを判断するのに利回りがよく用いられます。他の投資方法でもよく用いられるのが利回りであり、投入した投資額に対して何%の利益を年間で獲得できるかを表すものです。不動産投資の場合には利回りについていくつかの考え方がありますが、物件の宣伝広告に記載されている利回りは一般的にグロス利回りや単純利回りなどと呼ばれている簡単に計算できる利回りです。賃貸経営によって得られるインカムゲインは家賃収入であり、その物件で賃貸経営をするのに適切な家賃をそれぞれの部屋に対して設定して、すべての部屋に入居者がいたと仮定して得られる金額が家賃収入と想定できます。それを物件の購入価格で割ればグロス利回りを計算することができるのです。物件として費用対効果が高いと考えられるものほど利回りは高くなります。単純に部屋の数が多くて家賃も高ければ収入は大きくなりますが、そのような物件は購入価格も高くなりがちです。両者のバランスを考えて値打ちの高い物件を選び出すのに役立つ指標となります。ただし、気をつけておきたいのはグロス利回りには無視されている点が二つあることです。一つは賃貸経営をする上では管理費用や修繕費用、税金などの諸経費がかかりますが、支出面については計算に入っていません。もう一つは購入時の仲介手数料などの諸費用も除外されていることであり、この二つも加味して考えることが大切です。

家賃と空室のリスクを回避

相談

賃貸契約では借主は住居を、貸主は家賃を得るのが一般的ですが、借主が何らかの事情で家賃を支払うことが出来ないなどのケースがあります。貸主としては経営に関わる問題となりますが、家賃債務保証と呼ばれる制度を導入することによって、家賃だけでなく、空室のリスクも回避可能となります。

大きな利益を上げられます

マンション

不動産投資で大きな利益を上げたいのであれば、ローンを積極的に活用して投資用マンションを買いましょう。但し、ローンを活用する時には、毎月の返済が大きな負担にならないように、キャッシュフローに気を付けましょう。